脱毛は妊娠中でも大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

妊娠中の脱毛は避けたほうが良いといわれています。

脱毛をすることで胎児に悪影響を及ぼすことはありませんが、ホルモンバランスが安定していない妊娠中におこなうと皮膚トラブルや、肌荒れを起こすリスクが高まります。

また妊娠中は、しみができやすくなるようにメラニン色素が沈着しやすくなるので、脱毛の効果が出にくくもなります。

ジュリー基本

妊娠中の脱毛はおこなえないのが一般的です。

なぜ妊娠中の脱毛が禁止されているの?

痛みアイコン

いつもより痛みを感じやすくなるから

妊娠中の脱毛は、いつも以上に痛みを感じやすくなります。妊娠中は、心と身体が急激に変化して、敏感肌のように不安定なコンディションが続きます。肌への影響が生じやすい状態になるので、痛みを強く感じるようになるのです。

脱毛効果が実感しづくなるから

妊娠中は、ホルモンバランスが不安定な状態になるので、脱毛効果が現れづらくなります。

十分な効果が発揮されないので、妊娠中に脱毛をしてもムダに回数を消化するだけです。脱毛は、きちんと効果が感じられる状態でおこなうのが最適でしょう。

胎児・母体に影響を及ぼす可能性があるから

脱毛をしても胎児・母体に直接影響を及ぼす可能性はありませんが、万が一のことがあるといけないので妊娠中の脱毛を禁止している脱毛サロン・医療クリニックがほとんどです。

たとえば、VIOやワキのようにお腹から離れている箇所でも、もちろん妊娠中は脱毛してはいけません。

とくに妊娠1〜3ヶ月の初期は、肌トラブルが起きやすく不安定な時期になるので安静に過ごしましょう。

妊娠中の気になるお腹のムダ毛処理方法

脱毛効果のアイコン

妊娠中はお腹のムダ毛が濃くなるので、定期検診の際に毛深いお腹を見られるのが恥ずかしいと思う人も多いようです。

とはいえ、お腹が大きくなるにつれてカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりするのが難しくなってきます。

肌を傷めてしまう恐れがあるので、ムダ毛処理は必要最低限にとどめておくことが大切です。

毛抜き

毛抜きの画像

毛抜きを使用した自己処理は、毛嚢炎が生じるリスクがあります。毛嚢炎とは、開いた毛穴から細菌や汚れ、皮脂が入りこみ炎症を起こした状態のことです。

毛抜きを使用しても胎児への影響はありませんが、母体に影響を及ぼしかねないので、毛抜きを使用するのはどうしても必要な場合のみにしましょう。

カミソリ・電気シェーバー

カミソリ・電気シェーバーの画像

肌が荒れている状態でカミソリの自己処理をすると、皮膚トラブルを起こす危険性があります。肌の状態が不安定な場合は、カミソリの使用を控えるようにしましょう。カミソリや電気シェーバーで自己処理をしたあとは肌が乾燥しやすくなるので、ローションやクリームを使ってしっかり保湿をおこなうように心がけましょう。

カミソリよりも、電気シェーバーのほうが肌への負担が優しいうえ、安全にムダ毛処理をすることができるのでおすすめです。

脱毛クリーム

脱毛クリームの画像

脱毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムというタンパク質を溶かす成分が含まれています。この成分は、ムダ毛のほか、皮膚も一緒に溶かしてしまうので、妊娠中の敏感な肌には禁物です。

ローションタイプの製品であれば、チオグリコール酸カルシウムが含まれていないので使用しても問題はありません。脱毛クリームやローションで除毛する場合は、成分を見極めたうえで使用していきましょう。

脱毛クリームには、ムダ毛と一緒に皮膚を溶かしてしまうほど強力な成分が含まれていますので、肌が敏感になっている妊娠中に使用するのは控えましょう。

家庭用脱毛器は使用禁止

家庭用脱毛器も、光脱毛や医療レーザーと同じで妊娠中は使用を避けたほうが無難です。

妊娠中はホルモンバランスの変化が激しいので、いつも通り家庭用脱毛器を使用した場合でも、十分な効果が得られなかったり、痛みを感じやすかったりするので有効な方法とはいえません。家庭用脱毛器の使用も、クリニック、サロンと同様に授乳が終わってからにしましょう。

VIOライン(アンダーヘアー)・ワキのムダ毛処理はお腹が大きくなるまでに

VIOライン、ワキのムダ毛処理はお腹が大きくなるまでにしておきましょう。お腹が大きくなるにつれて、前かがみになるアンダーヘアーの処理は難しいですし、ワキをカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりするのも困難になってきます。

また、妊娠中に皮膚トラブルが起きても処方できる薬が限られてきます。

たとえば炎症がおきてすぐに処置できなかった場合、これから先もずっと跡が残ってしまうかもしれません。

妊娠中の自己処理は、後悔しないように無理なくおこなえる範囲で自己処理をしましょう。

妊娠中にお腹のムダ毛が濃くなるのはなぜ?

妊娠中に、腹部周辺のムダ毛が濃くなるのは、ホルモンバランスの変化が主な理由です。

厳密にいうとムダ毛が増えているのではなく、色素沈着が起こりやすくなり、1本1本が濃くなるだけなので毛量自体に変わりはありません。

体毛が濃くなる期間は、胎児がお腹にいる妊娠中期(16週目)〜妊娠後期の間だけです。

出産後ホルモンバランスが安定してくると、また元の毛の濃さに戻ります。

元に戻ることを知らずに焦って自己処理をすると、かえって毛が濃くなってしまうかもしれません。

ムダ毛が気になるかもしれませんが、出産後に自然に戻るのでそのままにしておくことが良いのではないでしょうか。

12月のキャンペーンで本当におすすめはここ!
12月31日まで限定!【選べる全身脱毛500円】

12月31日まで限定の選べる全身脱毛500円

たとえば、vioなら…

足なら…

  • 気になる部分を選んだ全身脱毛プランが500円で脱毛できる!
  • 業界最大手の店舗数だから通いやすい
  • 解約手数料、キャンセル料がすべて無料

12月31日まで限定だから少しでも脱毛に興味があるなら無料カウンセリングを受けてみるべき!

ミュゼの無料カウンセリングを見てみる