ヒートカッターでアンダーヘアを自己処理!おすすめと口コミレポ

アンダーヘアをチクチクせずに自己処理する方法のひとつとして、ヒートカッターがあります。

ヒートカッターという名前は聞いたことがあっても、実際はどんなものかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

ジュリー基本

そこで、ヒートカッターのメリットやデメリット、おすすめヒートカッターの口コミレビューなどについてまとめました。

アンダーヘアの自己処理に使えるヒートカッターとはどんなもの?

アンダーヘアのお手入れに使うヒートカッターは、針金のような金属を高い温度にして、その熱によってムダ毛を焼き切るというものです。

ほとんどの商品がペンのような形で、細長い棒の先端にコームが付いていて、そのコームの内側に電熱線が張られています。

充電式や電池式などがあって、どれも持ち運びに便利なコンパクトなものが多いです。

ヒートカッターでアンダーヘアを処理したときのメリットとデメリット

アンダーヘアの処理をヒートカッターでおこなうと、いくつかのメリットやデメリットが生じます。

ヒートカッターを使ったお手入れを考えている人は、以下のメリットやデメリットをしっかりと頭に入れておきましょう。

ムダ毛は数ミリ〜1センチくらい残るチクチクしにくい

しっかり整えても自然な整え方に見える

肌トラブルが起こらない

チクチクしにくい

ヒートカッターは熱によってムダ毛を焼き切るので、毛の先端が丸くなります。

そのおかげで、ハサミや電気シェーバーでアンダーヘアを整えるよりも、チクチクしづらく、下着から飛び出したり、かゆくなったりすることを防げます。

しっかり整えても自然な整え方に見える

アンダーヘアを電気シェーバーやカミソリなどの、刃がついたものでカットすると、スパッと真っ直ぐ切れてしまうので、しっかりとキレイ揃えているという、人工的な仕上がりになります。

しかし、ヒートカッターで焼いていくことで、しっかり整えてもムダ毛がふわっとしていて、自然に生え揃ったかのような仕上がりになります。

肌トラブルが起こらない

ヒートカッターは肌に直接触れずにムダ毛のお手入れができるので、肌トラブルを防ぐことができます。

肌が弱い人でも問題なく使えることから、他の自己処理方法が向いていないというタイプの人でも、ヒートカッターは使えます。

使用中は焦げ臭いニオイがする

少しずつ処理をする手間がかかる

ムダ毛は数ミリ〜1センチくらい残る

使用中は焦げ臭いニオイがする

ヒートカッターは毛を焼き切るものなので、どうしても使用中に焦げ臭いニオイが発生してしまいます。

外出先で使用しづらく、お風呂などの密室でも使いにくいので、自宅での使用にしか向いていません。

少しずつ処理をする手間がかかる

ヒートカッターでは、大量のムダ毛を一気に焼き切ることはできません。

少しずつつムダ毛をつかんで、カットしていく必要があり、他のムダ毛処理方法よりも時間がかかります。

ムダ毛は数ミリ〜1センチくらい残る

コーム部分の厚みがあるので、ヒートカッターでは根元からキレイにすることが不可能で、数ミリ〜1センチくらいのムダ毛が残ります。

コームを外したり、肌に強く押し付けたりすると火傷してしまいますし、ヒートカッターでムダ毛をツルツルにすることは不可能です。

ジュリー基本

ヒートカッターは、メリットもデメリットも同じくらいある自己処理方法です。

アンダーヘア用ヒートカッターのラヴィアの口コミレビュー

ラヴィアVライントリマー

アンダーヘア用のヒートカッターで、口コミ人気が高いのはラヴィアVライントリマーです。

そこで、ラヴィアVライントリマーを実際に使ってみたので、口コミレビューを書いていきます。

ラヴィアVライントリマー

ラヴィアはVライントリマーの形は持ちやすく、重さも軽いので、長時間の使用も苦になりませんでした。

ボタンを押してコーム部分を肌に当ててみたら、暖かいという程度で、とくに火傷もしませんでした。

ラヴィアVライントリマー

アンダーヘアを切ってみると、部屋中に焦げ臭いニオイが充満したので、換気をしながらおこなえば、そこまで気にならないかもしれません。

Vライントリマーで短めに揃えてみると、はさみや電気シェーバーと比べて、そんなにチクチクしません。

チクチクするのが少しも耐えられないという人は、3センチくらいの長さにカットしたほうが良いと思います。

ラヴィアVライントリマーの類似品?シルキーケアってどうなの?

ヒートカッターを調べていたところ、ラヴィアVライントリマーによく似た、シルキーケアという商品を見つけました。

使用時間 値段 サイズ デザイン
Vライントリマー 2,398円 約21×157mm 6展開 30分
シルキーケア 2,480円 約21×157mm 2展開 30分

ラヴィアの公式サイトでは、類似品のシルキーケアについて、以下のような回答をしています。

シルキーケアとちがうの?
機能は同じです。デザイン・サービス面で異なります。

機能面で同じということは、ラヴィアVライントリマーのかわりにシルキーケアを使ってもいいということになります。

しかし、故障や初期不良があった場合にしっかりと対応してくれるのは、ラヴィアVライントリマーのほうです。

ジュリー基本

値段はほとんど変わりませんが、サービス面でのメリットがあるので、シルキーケアよりVライントリマーを選びましょう。

デリケートゾーンをツルツルにするならVIO脱毛がおすすめ

デリケートゾーンをツルツルにするなら、ヒートカッターでの自己処理よりも、VIO脱毛をおすすめします。

ヒートカッターではムダ毛が伸びるたびに使わないといけませんし、数ミリ残ってしまうので、見栄えも悪く、手間も時間も余計にかかってしまいます。

しかし、脱毛は何度か通うことでムダ毛処理をしなくてよくなります。

ジュリー基本

アンダーヘアの処理で悩むより、脱毛で悩みもムダ毛もスッキリさせましょう。

VIO脱毛についてもっと知りたいという人は、「VIO脱毛で後悔しない3つのポイント|医療レーザー?脱毛サロン?」という記事を合わせてご覧ください。
8月のキャンペーンで本当におすすめはここ!
8月31日まで限定!【わき+Vライン+選べる2ヶ所300円】

8月31日まで限定のわき+Vライン+選べる2ヶ所300円

  • 人気のわき+Vラインに加えて、どの部位を選んでも2ヶ所300円で脱毛できる!
  • 業界最大手の店舗数だから通いやすい
  • 解約手数料、キャンセル料がすべて無料

8月31日まで限定だから少しでも脱毛に興味があるなら無料カウンセリングを受けてみるべき!

ミュゼの無料カウンセリングを見てみる

月額9,500円で業界最高範囲の全身脱毛ができるキレイモ!
月額9,500円で、顔やVIOを含む業界最高範囲の全身脱毛ができる!

  • 初回分が無料のキャンペーン中!
  • 乗り換え割で最大50,000円引き!
  • 学割で最大67,900円引き!

少しでも全身脱毛に興味があるなら無料カウンセリングを受けてみるべき!

キレイモの無料カウンセリングを見てみる