ムダ毛処理〜おすすめの方法【自己処理で後悔しないために】

ムダ毛処理〜おすすめの方法【自己処理で後悔しないために】

ムダ毛処理をおこなうと、肌が傷ついて肌トラブルをおこします。

ムダ毛の自己処理は面倒くさいうえに、肌を傷つけてしまうのでそろそろ辞めたいと思っている人も多いはずです。

ムダ毛処理のイメージ画像

芸能人・モデルのようなツルツル肌を手に入れるなら、脱毛サロンや医療クリニックでおこなう脱毛がベストです。

脱毛なら面倒な自己処理から卒業できるうえ、肌を傷める心配がありません。

ジュリー不安

ムダ毛の自己処理ではどうしても剃り残しや、毛穴のポツポツが残ってしまいます。

ムダ毛の自己処理はポツポツ・チクチク・ヒリヒリの原因に

自己処理はポツポツ・チクチク・ヒリヒリの原因

ムダ毛処理をカミソリや毛抜きなどの方法でおこなうと、乾燥してヒリヒリしたり、毛穴が盛り上がってポツポツしたり、剃って生えてきた毛がチクチクしたり。肌をキレイに見せるためにおこなっているのに、ムダ毛処理をおこなう度になにかしらのトラブルが生じます。

これらを防ぐには、ムダ毛の自己処理を辞めるしかありません。しかし、ムダ毛をボサボサの状態で放っておくことはできないですよね。それなら脱毛をおこなうのがもっとも有効です。

みんなが使用しているムダ毛の自己処理方法まとめ

ムダ毛処理グッズでもっともよく利用されているのが「カミソリ」です。手軽に、継続しておこないやすいことが人気の理由のようです。それぞれのメリット、デメリットをまとめたのでお伝えします。

カミソリ

カミソリアイコン

「手軽」「価格がやすい」「継続しやすい」の3拍子が揃っている
カミソリは、ムダ毛処理をしてもチクチク感が残ってしまい、キレイに剃ろうと逆反りをすると肌を傷つけて、色素沈着、出血などのトラブルが生じます。また、カミソリ負けや、すぐ生えてきてしまうことをデメリットに感じている人も多いようです。
毛抜き

毛抜きアイコン

「仕上がりがキレイ」「処理後すぐに生えてこない」ので持ちを重視したい時におすすめ
長期的に毛抜きを使用し続けると、処理後に毛穴がボツボツしてしまったり、だんだんと毛が濃くなってしまったります。また、処理途中で毛が切れてしまうと「埋没毛」の原因になります。
除毛ローション

ローションアイコン

長期的に使用することで少しづつ自然な感じでムダ毛が薄くなる
除毛ローションは、あくまでムダ毛が薄くなる効果しかないうえ、コスパが高いので続かない人が多いようです。
脱毛クリーム

クリームアイコン

クリームを塗布して、待てば良いだけなのでお手入れがラク
脱毛クリームは、効果が高いものは肌への刺激が強いため、ムダ毛処理後に肌が痒くなったり、赤みが出たりすることがあります。また、数日するとムダ毛が生えてきてしまうので、思っている以上にコストがかかるところもネックです。
ジュリー基本

これらの自己処理をいくら正しいやり方でおこなっても、どうしても肌にダメージを与えてしまいます。安全にキレイにムダ毛処理をおこなうなら脱毛がベストです。

安全にキレイにムダ毛処理をおこなうなら脱毛がベスト

脱毛なら3ヶ月に1回のお手入れでOK

脱毛サロンなら3ヶ月に1回のお手入れで済みます。カミソリや毛抜きを使用した自己処理では、すぐに生えてきてしまうため週に1〜3回おこなう人が多いようですが、脱毛サロンなら3ヶ月に1回のお手入れで良いのでとても楽になります。

長期的にツルツル肌を手に入れることができる

脱毛は2〜3年の期間をかけて通えば、ほとんどムダ毛が生えてこなくなるのでお手入れの必要がなくなります。脱毛をおこなえばツルツルの肌を手に入れることができるので、もうムダ毛や肌トラブルに悩まなくて済むのです。

肌トラブルがなくなる

ムダ毛の自己処理をおこなうと、どうしても肌トラブルが生じます。たとえば、毛抜きを使用したムダ毛処理は「埋没毛」になったり、カミソリを頻繁に使用したムダ毛処理はカミソリ負けを起こしたり、色素沈着になったりします。しかし、脱毛をおこなえば自己処理の必要がなくなるのでこれらの肌トラブルからすべて解放されます。

ジュリー基本

脱毛のほうがメリットが多いと思いつつ、手軽という理由からカミソリを使用している人が多いようです。

しかし本音をいうと、脱毛に対してマイナスなイメージを持っているからではないでしょうか。

脱毛のマイナスイメージ
  • 表示料金以外の費用がかかるのではないか
  • 脱毛したいけど痛そう
  • 勧誘されないか不安でなかなかいく勇気が持てない

脱毛に対してこのようなマイナスイメージを持っているかと思いますが、最近の脱毛サロンは勧誘もありませんし、痛みの少ない脱毛マシーンを使用しているサロンがほとんどです。

ミュゼプラチナムなら、6月30日まで全身から好きな部位が選べて1ヶ所100円で脱毛ができるので、費用もリーズナブルです。

はじめて脱毛をするならミュゼプラチナムがおすすめ

Vラインとワキの脱毛が1ヶ所100円で何度でも脱毛できる

ミュゼなら1ヶ所100円で、Vラインとワキの脱毛が何度でもおこなえます。もちろん、コース料金以外にかかる費用はありません。カミソリや毛抜きを購入するよりも安く脱毛ができるので、このキャンペーンを逃す手はないでしょう。

s.s.c脱毛で痛みが少ないから安心

ミュゼで使用している「s.s.c.脱毛方式」は、とても肌への負担が優しいので痛みも少ないです。
「脱毛は痛くないの」、そう思う人はまずはミュゼで脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。しっかり効果があるうえに、ほとんど痛みがないので無理なく続けられます。

顧客満足度No1で勧誘の心配一切なし

ミュゼプラチナムは、3年連続顧客満足度No1を獲得しています。勧誘がおこなわれているサロンであれば、顧客満足度1位は得られていないことでしょう。ミュゼであれば強引にコースをすすめてくるような勧誘行為が一切ないので、脱毛がはじめての人でも安心です。

ミュゼのキャンペーンなら1ヶ所100円でムダ毛の脱毛ができる!

  • Vラインとワキの脱毛が1ヶ所100円で何度でも脱毛できる
  • s.s.c脱毛で痛みが少ないから安心
  • 顧客満足度No1で勧誘の心配一切なし

ミュゼの公式サイトはこちら

ワキのムダ毛処理はどうしてもポツポツ跡が残る

わき脱毛

毛抜きでワキのムダ毛処理をおこなうと、毛穴が開いて汚れが詰まり、ポツポツと白っぽいニキビのようなものができます。また、カミソリを使用したムダ毛処理は、肌表面の角質層を傷つけて赤いニキビ(毛嚢炎)を起こして黒ずみを招きます。

本来ワキは、二の腕と同じ肌質なのですが、自己処理を繰り返しおこなうことで、このような肌トラブルが生じるのです。もとのツルツルな肌を取り戻したいのであれば、自己処理を辞めるほかありません。

VIOラインのムダ毛処理ってみんなどうしてるの?

sankakun

ネットリサーチ社のアンケートによると、半数以上がカミソリを使用してデリケートゾーンのムダ毛処理をおこなっていることが分かりました。

デリケートゾーンのムダ毛処理

カミソリ 毛抜き 電気シェーバー 脱毛器
58.9%   22.5% 11.1% 7.5%

カミソリを使用する人が多い理由は、「価格が手頃」「手軽に出来る」「仕上がりがキレイ」などが選ぶ基準としてあげられるようです。

しかし、自己処理をおこなっている75%近くの人が「またすぐに生えてきてしまうこと」で悩んでいます。

また、どうしてもチクチク感が残ってしまうことも懸念している人が多いようです。

ひざ下のムダ毛処理で肌がかゆい!痒みを抑える方法

ひざ下のムダ毛処理による痒みは、ずはり「乾燥」が原因です。

自己処理後はとくに肌が乾燥しやすいので、しっかり保湿をして角質に潤いを与えてあげましょう。

たとえばカミソリで自己処理をおこなうと肌表面の角質層が削られて、どんどん水分が逃げてっしまいます。

水分や油分が足りていないと乾燥状態になり痒みが生じるので、化粧水やワセリン、ボディークリームなどで肌を潤しましょう。

強いかゆみ、赤みがある場合は、肌が火傷状態にあるので冷却して炎症を抑えるのが有効です。

背中のムダ毛処理がうまくできない

手の届かない背中は、ムダ毛処理が難しい箇所になります。どうしても自分でおこなうのは難しいので、彼氏や姉妹、親などの手を借りておこなう人が多いようです。

カミソリでは肌を傷つけてしまう恐れがあるので、電気シェーバーで安全におこなうのがおすすめです。

電気シェーバーであれば、肌への負担が優しく、カミソリのように切って出血してしまうこともありません。

どうしても自分で背中のムダ毛処理をおこないたい場合は、産毛処理ができる脱毛タオルの使用をおすすめします。

ただし脱毛タオルはピンからキリまであり、効果的なのかは使用してみないことには分かりません。色々と試してみて自分にあったものを使用すると良いでしょう。

ムダ毛処理で血がでてしまった時の対処法

カミソリなどのムダ毛処理で肌を深く傷つけてしまった場合は、手をキレイに洗ってから蒸しタオルやガーゼを当てて止血しましょう。

4分ほどすると止血できるので、あとは傷薬を塗ればOKです。もしも傷が深くて止血できない場合は、タオルやガーゼを強く当てて圧迫すると良いです。

傷口は放っておいても自然に治りますが、止血をおこなわないでそのままにしておくと傷跡が残ってしまうかもしれません。

いざという時のために応急処置の方法を覚えておくと良いでしょう。

肌の黒ずみはムダ毛処理が原因

肌の黒ずみは、ずばりムダ毛処理が原因です。

毛を抜いたり、剃ったりすることで肌がダメージを受けて、肌を守ろうと角質肥厚が生じて色素沈着を招きます。

ムダ毛処理が原因の肌の黒ずみの工程

  1. 毛抜き・カミソリで肌に強い刺激が与えられる
  2. 肌を守ろうとメラニン色素が活発になる
  3. 黒ずみになる

このように、自己処理をすればするほどほど黒ずみが悪化していきます。

ビタミンC、ハイドロキノンなどが配合されているクリーム、コスメ用品などで黒ずみを改善することができます。

しかし、自己処理を辞めない限りはこの負のループから抜け出せないので、やはり脱毛をおこなうのが最適です。

脱毛をおこなったうえで、黒ずみ改善をすれば元のキレイな肌を取り戻すことができます。

アトピー肌・乾燥肌・敏感肌のムダ毛処理

アトピー肌・乾燥肌・敏感肌の人は、バリア機能が低下して皮膚が乾燥状態にあるので、ムダ毛処理をおこなうと赤みやヒリつきなどの肌トラブルを起こします。

とくに強いかゆみや湿疹があらわれるアトピー性皮膚炎の人は、かかりつけの医師からムダ毛処理をおこなわないように指導を受けている場合も多いでしょう。

でもムダ毛をどうにかしたいのが本音ですよね。

これらの肌質の人は、カミソリはもちろん、除毛クリームも肌が荒れてしまうので使用できないので、脱毛をするのがもっとも有効です。

脱毛は皮膚科医でもおこなわれていますし、厚生労働省からも認可されています。

また最近では、脱毛マシーンの進化により、アトピー肌、敏感肌、乾燥肌の人でも脱毛がおこなえるようになりました。

脱毛サロンや医療レーザー脱毛であれば深刻なムダ毛の悩みから解放されます。このまま悩み続ける前に、まずは無料カウンセリングだけでも受けてみてはいかかでしょうか。

参考記事「アトピー肌でも脱毛できる?永久脱毛ならフラッシュ?医療レーザー?

12月のキャンペーンで本当におすすめはここ!
12月31日まで限定!【選べる全身脱毛500円】

12月31日まで限定の選べる全身脱毛500円

たとえば、vioなら…

足なら…

  • 気になる部分を選んだ全身脱毛プランが500円で脱毛できる!
  • 業界最大手の店舗数だから通いやすい
  • 解約手数料、キャンセル料がすべて無料

12月31日まで限定だから少しでも脱毛に興味があるなら無料カウンセリングを受けてみるべき!

ミュゼの無料カウンセリングを見てみる


ページの先頭へ